「植物油脂」を英語でなんと言う?健康に関する表現を知ろう

みなさんは食品の原材料名を気にしてたりしますか?健康意識の高い人ならとりあえず見る人が多いと思います。

日本ではどの商品にも「植物油脂」が入っているイメージがありますよね。植物油脂は基本的に体に悪く、一部のものは海外で禁止されていたりもします。私は基本的に避けるようにしています。

さて、英語で植物油脂をなんと言うのでしょうか?海外に行こうと思っている健康オタクの方は気になると思います。

調べて来たので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

vegetable fats and oils

植物油脂は英語でvegetable fats and oilsと言います。

vegetableは「植物」、fatsは「脂肪」、oilsは「油」をそれぞれ意味します。そのままですよね。

ちなみにfatは「太っている」という意味が有名ですが名詞で「脂肪」という使われることも多いので覚えておくと良いかもしれません。

例文:
Vegetable fats and oils are cheaper than animal ones.
植物油脂は動物油脂よりも安い。

Partially hydrogenated vegetable fats and oils are prohibited in some European countries.
水素を付加されて作られた植物油脂はヨーロッパのいくつかの国では禁止されている。

The popular ice cream called “Super cup” is like a lump of vegetable fats and oils
あの有名なアイス「スーパーカップ」は言うなれば植物油脂のカタマリである。

スポンサーリンク
広告
広告