「舌打ち」を英語で何と言う? – 音を表現しよう

舌打ちの画像

ついつい舌打ちしてしまうことってありますよね。私はそれで人間関係が悪くなってしまうこともしばしばです。

さて、英語で舌打ちを何というのでしょうか?難しいですよね。

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

舌打ちする – tut

tutは舌打ちすることを示す英単語の1つです。

他人を非難するときにあえてわざと行う舌打ちのことを言います。

He tutted at me.
彼は私に舌打ちした。

He often tuts exaggerately when he gets annoyed.
彼はイライラしたときしばしば大げさに舌打ちする。

That tutting made me angry.
その舌打ちは私を怒らせた。

舌打ちする – click one’s tongue

click one’s tongueでも舌打ちすることを表現することができます。

clickは「カチっと音を立てる」と言う意味です。マウスのクリックはこの単語からきています。

無意識的に行ってしまう舌打ちのことを言うことが多いです。

The old often click their tongue.
老人は時々舌打ちをする。

He clicked his tongue unknowingly.
彼は無意識的に舌打ちをした。

Actually I don’t know how to click my tongue.
私は舌打ちのやり方がわからないんですよ。

舌打ちの音 – tut, tut-tut

舌打ちの音はtut、tut-tutで表現できます。

日本の「チッ」と言う感じですね。tut-tutは何回も舌打ちしている時の音ってイメージです。

スポンサーリンク
広告
広告