「粗品」を英語でなんという? – 直訳を避けよう

プレゼントの画像

「粗品ですが受け取ってください」

相手に物を渡すときへりくだった表現として「粗品」という言葉を使いますよね。日本らしい言葉です。

さて、では英語では粗品をどういうのでしょうか?調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

small gift

粗品はsmall giftと言うことができます。

小さな贈り物ということですね。粗品を直訳しようとしてbad giftやcoarse giftと謙りすぎるのは英語では好ましくありませんから、smallがちょうど良い塩梅の表現になります。

This is a small gift for you.
粗品ですがどうぞ。

Small gifts will presented to all participants.
参加者には粗品贈呈します。

giveaway

giveawayも粗品を示す表現の1つです。

個人レベルで渡す粗品というよりも、企業などの団体が客や参加者にプレゼントするような粗品を示すことが多いです。

giveawayは直訳で「捨て渡しておく」というイメージですから、粗品を意味するのも納得ですよね。

We prepared giveaways for all customers.
すべてのお客様に粗品を用意させていただいてます。

I can’t refuse to receive a giveaway tissue.
無料ティッシュを受け取らないことができないよ。

something

somethingも粗品を示すことができるでしょう。

明示して言うほどでもない何かってイメージですかね。

I have something for you today.
ちょっとしたものを君に用意してるよ。

まとめ

粗品を示す英語表現

  1. small gift
  2. giveaway
  3. something
スポンサーリンク
広告
広告