「衣服」を英語でなんと言う? – 色々な種類の衣服の表現を知ろう

衣服を整理する女性の画像

皆さんは自分の衣服を何着持っていますか?私は外にあまり出ないので全然持っていません。ユニクロですら高いと思ってしまいます。

さて、英語で衣服をなんと言うのでしょうか?良く使う言葉ですが、案外知らないですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

衣服全般 – clothes

衣服全般は英語でclothesと言います。

clothesはcloth「布」の複数形です。布が沢山あると衣服になりますよね。

ちなみにclothesを使うことわざに「fine clothes make the man」というものがあります。直訳で「良い服は男を作る」となります。どういうことわざか分かりますか?これは英語版の「馬子にも衣装」です。

How many clothes do you have?
衣服をどれくらい持っていますか?

As soon as I got up, I put on my clothes.
起きたらすぐに服を着始めた。

She has many clothes, but those are all sold in UNIQLO.
彼女は沢山の衣服を持っているが、その全てはユニクロで売られているものだ。

garment

garmentも衣服を意味する英単語です。

clothesと比べて堅い言葉の印象があります。高級洋服店などで良く使われますね。

I don’t have any garments to go out.
外出する衣服を持っていません。

There are many ladies garment in second floor.
2階では多くの女性用衣服がそろっています。

Shall we but some winter garment?
冬物の服を少し買いましょうか。

スーツ – suit

suitは衣服の中でもそのままスーツを意味する英語です。

スーツとは男なら上着・ズボンの2点、女ならっジャケット、スカートまたはパンツの2点を指します。

ちなみにsuitは「似合う」という意味を表す動詞としても使うことができます。高校英語で時々出てくるので覚えておきましょう。

You don’t need expensive suit.
君に高いスーツは要らないだろう。

Who is that man wearing suit?
あのスーツを着ている男の人は誰ですか?

You look so cool in the suit.
君はそのスーツを着るとすごいかっこいいね。

色々な衣服の英語表現

古着 – old clothes
晴れ着 – one’s best clothes
和服 – kimono
ジャケット – jacket
ズボン – trousers
パンツ – underpants・shorts
ポロシャツ – polo shirts
カットソー – cut sew
チュニック – tunic
ブラウス – top
スポンサーリンク
広告
広告