「残念ながら」を英語でなんという?

悲しそうな顔の画像

「残念ながら当然」
「残念ながら予定があります」

謙虚は私たち日本人は「残念ながら」という表現をよく使いますよね。
これを英語でも使うことができればトゲの少ない言い方ができるとは思いませんか?

ということで、今回は「残念ながら」を英語でどう言うのかを見ていきます。

スポンサーリンク
広告

unfortunately – 不運ながら

unfortunatelyが最も「残念ながら」に近い英語の表現ですね。

fortuneは「運」、unは否定を示す接頭詞なのでunfortunatelyは「不運にも」という意味になります。

そこから「残念ながら」のイメージになることはわかりますよね。

Unfortunately, It began to rain.
残念ながら、雨が降ってきた。

Jeez, I wanted to play soccer.
サッカーやりたかったのにな。

I’m afraid to say – 恐れながら申し上げると

I’m afraid to sayはフォーマルな場でも使える便利な言葉です。
afraidは「恐れる」という意味ですので、直訳すると「恐れながら申し上げますが」となります。

I’m afraid to say you mustn’t ride this machine because you’re shorter than 130 cm.
残念ですが、あなたは130cm以下なのでこのマシンにはのれません。

What a shame.
残念だなあ

I’m sorry, but – 悲しいことですが

I’m sorry, butという表現も「残念ながら」を表現する方法のひとつです。

直訳すると「ごめんなさい、だけど・・・」となります。

この表現はネイティブが好んで使う傾向がある気がするので、どんどん使っていきましょう。

I’m sorry, but that game is out of stock.
残念ですが、そのゲームは売り切れです。

まとめ

残念ですがの表現

  1. unfortunately
  2. I’m afraid to say
  3. I’m sorry, but
スポンサーリンク
広告
広告