「台風」を英語で何と言う? – typhoonは間違いの場合もある!?

台風の画像

「大型台風が近づいているようだ」

日本ではそろそろ台風の季節が近づいてきましたね。準備は怠らないようにしたいです。

さて、外国にも台風みたいなものはあるはずですよね。では英語では台風をどういうのでしょうか?いくつか浮かぶかもしれません。

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

typhoon – 台風

台風は基本的にtyphoonで表すことができます。たいふーんですから台風とシャレになってますね。

ただし、この場合の台風は西太平洋で発生するものを表します。

日本の台風は太平洋から出るのでtyphoonですが、アメリカではそうとは限りませんよね。そういった場合は以下で説明する別の単語を使います。

※日本では台風とタイフーンにも微妙な違いがあるそうです。トリビアルなことですが。

It seems the typhoon will come soon.
台風がそろそろ来るそうだ。

51th typhoon was born today.
台風51号が発生した。

hurricane – ハリケーン

大西洋や一部の太平洋(地球の北側+統計180度より東)で発生する台風(熱帯低気圧といった方がより正しいが)はhurricaneで表すことができます。

アメリカで発生するのは大体がハリケーンですね。

ちなみにハリケーンの名前は人の名前から取られることが多いです。ハリケーンカトリーナとかは聞いたことがある人が多いかもしれません。

Hurricane Sandy made so many people ruined.
ハリケーン・サンディは多くの人たちを不幸にさせた。

I can see where is eye of the hurricane.
私にはどこが台風の目かが分かる。

cyclone – サイクロン

北インド洋で発生する熱帯低気圧はcycloneといいます。

サイクロン掃除機とかの名前はその強い風から来ているわけですね。

What is the difference between typhoon, hurricane, and cyclone?
台風とハリケーン、サイクロンの違いは何?

I, who is known as a legendary hermit, can even ride on the cyclone.
伝説の仙人とも言われている私ならサイクロンに乗ることさえできるぞ。

まとめ

台風(熱帯低気圧)を表す英語 

  • typhoon – 西太平洋
  • hurricane – 東太平洋、大西洋
  • cyclone – 北インド洋
スポンサーリンク
広告
広告