英語のスピーキング能力を上達させるための勉強法をすべて紹介!それぞれの特徴を知ろう

外国人と英語で会話しようとしている人の画像

英語の主なスキルといえばライティング、リスニング、そしてスピーキングですよね。この3つのスキルがあれば外国でも暮らしていけるでしょう。

そして最近ではスピーキング能力の重要性が高まっています。

楽天が社内公用語を英語にしたことは有名ですが、それを追ってか英語が公用語の企業の数は年々増えています。
また、最近では日本にも移民を受け入れるかの議論がされており、された場合は英語でのコミュニケーションは避けられないでしょう。
東京オリンピックもあります。

しかしスピーキング能力は他のスキルと違って勉強することが難しいですよね。

高校受験にもTOEIC(普通)にもスピーキングはありませんし、そのため参考書の数も限られてきます。
独学で行うのも難しいですが、英会話教室に行ったり留学するのもコストがかかりますよね。

そこで、今回はスピーキング能力を上達させるための勉強法について紹介したいと思います。

英語の勉強は使う教材によって勉強効率が180度変わってきますから、本当に効果があるものに絞って精選しました。

ではそれぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

参考書による勉強

参考書を使っての勉強法は独学の王道ともいえるでしょう。
自分のペースで進められるのが大きな利点です。

スピーキングに関する参考書は少ないですが、その分良書も多いです。
今から紹介していきますから見ていきましょう。

瞬間英作文シリーズ

このシリーズはもはやスピーキング勉強でのバイブルとなっていますね。有名なので知っている人も多いと思います。

この参考書は中学生レベルの英文を一瞬で口に出せるようにすることを目的としています。
中学生レベルなんて簡単すぎると思った方もいると思います。しかしたとえ中学生レベルの簡単な英文でも口に出そうと思うと案外出てこないんですね。

たとえば「彼は君ほど上手に英語を話せない」を英語で言ってくださいと言われたときにすぐ英文が出てきますか?

「He can’t speak English as well as you do」は中学生2年レベルの英文ですが、結構詰まったのではないでしょうか?スピーキング能力(英作文能力)はリスニングやライティングと違って学校で殆ど習わないため、中学生レベルから練習していく必要があるんですね。

また、実は日常会話程度なら中学生程度の英文で十分であることが殆どです。
むしろ高校で習う英語表現は専門書やニュースに出てくるような英文を対象にしているので、英会話で使うとおかしなことになってしまうこともあります。

つまりこの参考書はネイティブと話す上での本当の英語力をつけることができると言えます。

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

突然ですがあなたが普段日常会話をするときにはどのくらい多くの表現を使っているでしょうか?

「すごい」「マジ?」だとか「そうだっけ」など私たちが使っている言葉は大体決まりきっていて、そんなに豊富なボキャブラリーで会話しているわけではないですよね。
つまり英語のスピーキングでもこのような決まりきった表現を覚えてしまえば一気に会話が楽になることが考えられます。

この参考書はその点に着目して、英会話で頻繁に使われるフレーズを100個に絞って紹介しています。
100個に絞ることでネイティブとの会話で本当に使われるフレーズのみを重点的に勉強できるため、効率が良いですね。

ちなみにCDもついているので聴きながら練習することもできますよ。

英会話ペラペラビジネス100

この本はビジネスの場で使う英語表現に焦点を当てています。

日本語では会社で行う会話で普段の日常会話では全然使う言葉が違ってきますよね。英会話でも勿論そうで、敬語などが複雑でない分日本語よりは簡単ですがそれでもフォーマルな表現を使うことが求められます。日本人はスラングが好きな印象がありますが、ビジネスの場でスラングなんて使ったら大目玉ですよね。

留学して研究室でコミュニケーションをとる必要のある人、海外転勤が決まり今必死に勉強している人などにはまさにピッタリの参考書と言えるのではないでしょうか。

ちなみに私がこの本で一番印象に残っているのは、言葉を修飾するときに「very,much,too」などの間違いが起こる可能性がある英単語ではなく、「really」に統一しろという節です。
私は今までveryばかり使っていたので目からうろこでしたね。確かにveryは比較級の前には使えないなどの制限がありますから応用性が低いです。
このように覚えることは最小限に、間違いにくい表現をという筆者の考えはとても実用的だなと感じました。

CDも2枚ついています。

オンライン英会話教室

オンライン英会話はネットの普及した最近現れた新しいスピーキングの勉強法ですが、今ではとてもポピュラーなものとなっています。

その理由はやはり独学と実践の両立が可能という点でしょう。

普通の英会話教室はどうしても教室まで行く手間がかかります。それだけで田舎に住む方にはつらいでしょうし、多忙な方には移動時間すら惜しいです。
また基本的にレッスンの時間が決まっているために、急用が出来ただとかやる気が出ないという時に参加する必要があり勉強の効率が悪くなる可能性があります。
やはり独学でないとある程度の束縛は避けられません。

では独学の参考書による勉強法ではどうでしょうか。確かに時間の束縛はされません。
しかし本当に外国人と話すわけではないためどうしても実践力は落ちてしまいます。
それに私たちは外国人に対してちょっと怖いという先入観を持っていることが多いですよね。参考書で表現力自体はつきますが、結局外国人に対する恐怖感を克服しなければ本番でスムーズに会話することはできないでしょう。
参考書のみの勉強法では実践力が足りなくなるという問題をはらんでいます。

ではオンライン英会話はどうでしょうか?

ネイティブの人と英会話ができるという実践要素に加え、家から出来るという独学性も備えています。

特に家から出来るというのは大きいと思います。モチベーションが高くなったとき通話するということが可能です。
また、1レッスンが15~30分程度と短めであるという点も最近の多忙な私たちにとっては嬉しいですよね。

と言うわけでスピーキング練習に最適なオンライン英会話ですが、最近では色々な会社がサービスを行っています。

私の経験からおすすめを紹介したいと思うので、見ていきましょう。

DMM英会話

DMM英会話はオンライン英会話の最大手です。

最大手だけあってサービスが高品質で、他の追随を許しません。

まずは料金設定ですが、これは1レッスン124円相当と他と比べて非常に安いです。缶コーヒー1本分我慢すれば25分英語のレッスンを受けられるんですね。

次に英会話講師ですが、ネイティブを含む60カ国の講師陣が控えています。
経験のある方は分かると思いますが、英語は話す人の国籍によってガラっと変わります。たとえばイギリスとバングラディッシュの英語はもはや言語レベルで違うと言ってもよいでしょう。
つまり本当の意味のグローバルな英語力をつけるにはたくさんの国籍の人と英会話をすることが大事なんですね。60カ国という膨大なプールはそれを可能にしてくれます。

そして一番すばらしいのが24時間レッスンを受講することが可能という点です。
普通のオンライン英会話だと深夜や早朝はサービスを行っていないところも多いのですが、さすがは最大手、コンビニ並の便利さです。

dmmという大きな会社が提供しているサービスであるという点も安心感がありますよね。

ただ、オンライン英会話がはじめての場合は不安ですよね。本当に効果があるか分からずにお金を払うのもどうかと二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

そこで今、dmm英会話では3回の無料レッスンが受けられます。

無料レッスンを受けてみて、その効果を実感してみてください。そしてもしdmm英会話が自分にあっていると思えば続ければ良いし、合っていなければやめれば良いだけです。

ちなみに普段は無料レッスンは2回だけなんですが、今は秋のキャンペーンで特別に3回になっています。このチャンスを逃す手はありませんよね。

詳細は下のdmm英会話のページにかいてあるので見てみてください。

DMM英会話

ネイティブキャンプ



ネイティブキャンプはやる気がある人にとってはコストパフォーマンスが最強のオンライン英会話です。

ネイティブキャンプの最大の特徴はレッスンの回数が無制限という点です。

普通のオンライン英会話は1日1回のレッスンなど回数が決まっています。
しかしネイティブキャンプはそれがありません。つまりやる気さえあれば10回でも20回でもレッスンを受けることができます。

しかも何回レッスンを受けても料金は月額4950円で固定です。つまりレッスンを受ければ受けるほどコスパは良くなるということですよね。

そんな安いなら講師の質が低いのかとなりますが、全くそんなことはありません。
厳しい審査を通過した722人もの講師を自分の好みで選択することができます。

また、オンライン英会話では普通スカイプというソフトを使用するんですが、このネイティブキャンプではその必要がありません。
パソコンに詳しくない方がスカイプ設定という無駄な作業に苦労する必要がなくなるわけですよね。

そして、24時間レッスンが受講可能な点も嬉しいですよね。

さて、このネイティブキャンプも今、無料トライアルで7日間無料で試すことができます。

7日間もあればレッスンの雰囲気も分かりますよね。レッスンは無制限なので10回でも20回でも無料で受講することができますよ。

無料トライアルは下の公式サイトから行えます。

NativeCamp

(オフライン)英会話教室

英会話教室はスピーキングの勉強法としては最も一般的なものです。

英会話教室の一番の魅力はやはり外国人と生で会話が出来ることでしょう。
外国人と実際に会うことによって得ることはありますし、オンラインでは(カメラを使わない限り)出来ない非言語コミュニケーションも可能です。
実は英会話というのは非言語コミュニケーションがかなり大事です。あなたも外国人に何かを伝えるときにジェスチャーだけで成功したことがありませんか?身振り手振りは国際共通の言語ですから伝わるのも当たり前ですよね。
そういうある意味では英語力を超えたコミュ力を鍛えるための場としても使えると思います。

また、講師と生徒が1対多であることが多いので、他の生徒と交流を図ることができます。
共に英語を学ぶ仲間との出会いは英語を勉強する上でのモチベーションになりますよね。先ほど言ったコミュ力にもつながります。

さて、英会話教室は本当にたくさんありますが、今回は本当に評判の良いものだけ選んで紹介したいと思います。

ステージライン

ステージラインは私が通った英会話教室の中では一番良いと思いました。

まず一番の魅力は完全月謝制ということでしょう。
普通の英会話教室は最初にドンと大金を支払う必要があるところが大きいです。自動車学校のように免許が取れるならともかく、効果があるのか分からないのに10万20万をポンとは出せませんよね。ステージラインでは月2万(初心者応援コース)からですから、多少気軽に受けることが出来ます。

外国人教師だけではなく日本人教師もいるので、外国人だけでは心配という人にも安心ですね。

立地ですが、「銀座、新宿、仙台」にあります。都会優先は仕方ないですが、他の場所に住む人はちょっと厳しいですね。

さてこのステージラインですが、現在例に漏れず無料体験を行っているらしいです。

英会話教室がどんなものか知りたい人は無料体験で雰囲気を感じ取ってみてはどうでしょうか。

大人のための英会話【ステージライン】

ベルリッツ

ベルリッツは英会話教室の最大手と言っても良いでしょう。

最大の魅力はその数の多さですね。教室一覧を見て頂ければ分かりますが、全国に教室があります。

また、レッスン時間を朝8:30~夜21:00と広くとっているのも社会人の方にとっては嬉しいでしょう。

レッスンの人数もマンツーマンか少人数を選ぶことができます。

体験レッスンをやっているようなので興味がある方はいってみてはいかがでしょうか。

ベルリッツ

まとめ

いかがだったでしょうか?

スピーキング力を高めるための3つの勉強法を紹介しました。

・参考書
・オンライン英会話
・英会話教室

それぞれの勉強方法には長所と短所がありますから、自分の目的に最適なものを選んでいくことが重要です。

英会話が全くできない完全初心者の方はまずは参考書で基礎を固めて、そしてオンライン英会話で実践する、という勉強法が私のおすすめです。

全く英語の基礎がインプット出来ていないとアウトプットの場である英会話で何もできませんよね。インプットは参考書、アウトプットはオンライン英会話で行う。これが理想形です。

その上で英語を勉強している人や外国人の方とコミュニケーションをとりたいと言う方は英会話教室に行くのが良いでしょう。いろいろ良い経験になるはずです。

インターネットに詳しくない方はオンライン英会話というものを今回はじめて聞いたかもしれません。しかし本当に非常に便利ですので、是非一回体験してみることをおすすめします。

それでは長い記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
広告
広告