「しそうになる」を英語でなんと言う? – ぎりぎりの表現

寝坊しそうになっている人の画像

「遅刻しそうになる」
「危うく電車に乗り遅れそうになる」

「・・・しそうになる」という言葉は日常会話でよく使われますよね。私もよく二度寝しそうになります。

さて、英語で「・・・しそうになる」をどう表現すればよいでしょうか?結構難しそうですよね。

実は簡単に表現することができるので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

almost + did(過去形)

副詞のalmostを使えば「・・・しそうになる」を端的に言うことができます。

almostはほとんどという意味です。almost oversleptで「ほとんど寝坊した」、つまり実際は寝坊してないわけですから「寝坊しそうになった」となるわけです。

I almost forgot that.
忘れるところだったよ。

He almost ran over the cat.
彼は危うく猫を轢きそうになった。

She was almost killed.
彼女は殺されそうになった。

nearly + did(過去形)

almostと同じように副詞のnearlyを使っても表現することができます。

nearlyは近いを意味するnearの副詞系で、「ほとんど」という意味を持ちます。nearly oversleptで「ほとんど寝坊していた」、つまり「寝坊しそうになった」となります。

I nearly forgot your birthday.
君の誕生日を忘れるところだったよ。

You nearly skipped the class, didn’t you?
授業をサボりそうになったよね?

We nearly missed the train.
電車に乗り遅れそうになったよ。

was about to do

was about to doでも「・・・しそうになった」という表現になります。

aboutは「近くに」という意味を持ちます。was about to oversleepで「寝坊することの近くだった」となり「寝坊しそうになった」というイメージがわきますよね。

ちなみにbe about toで「・・・しようとしている」という重要イディオムになるので合わせて覚えておきましょう。

I was about to take a wrong bus.
間違ったバスに乗るところだったよ。

She was about to cry.
彼女は泣きそうになった。

They were about to suicide.
彼らは自殺しようとしていた。

まとめ

「・・・しそうになる」を示す表現

  1. almost
  2. nearly
  3. was about to
スポンサーリンク
広告
広告