「些細なこと」を英語で何と言う? – スラングを知ろう

心配している人の画像

些細なことを気にしてしまうことって結構ありますよね。大体が杞憂に終わるんですが、それでも心が震えます。

さて、英語で些細なことをどう表現するのでしょうか?案外難しいですよね。

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

trivial thing

些細なことは英語でtrivial thingと言います。

trivialは「些細な」という英単語です。昔「トリビアの泉」という番組がありましたが、あのトリビアはtrivialの名詞形trivialからきているんですね。

Do not worry about trivial things.
些細なことを気にするな。

That was trivial matter to me.
それは俺にとっては些細なことですよ。

Spring of Trivia.
トリビアの泉

trifle

trifleも些細なことを意味する英単語です。

なんて読むかわかりにくいですがカタカナで言うと「トライフル」といった感じでしょうか。

Don’t stick to trifles.
些細なことにこだわるな。

Never mind. It’s just a trifle.
気にするな。ただのつまらないことだ。

life is trifle.
人生なんてつまらないものだ。

スラング – crap

crapはつまらないものをあらわすスラングです。

crapは原義が「うんち」であることからわかるように汚い言葉なので使う場面に注意してください。(shitほどではないですが・・・)

Cut the crap already.
もうつまらないことを言うのをやめろ。

His work is all crap.
彼の作品は全部ゴミだよ。

What a crap game!
なんてクソゲーだ!

まとめ

  1. trivial thing
  2. trifle
  3. crap
スポンサーリンク
広告
広告