「お手洗い」を英語で何という?

トイレの行列の画像

みなさんはお手洗いの場所が分からずに苦労した経験がありますか?私はレストランなどで場所が分からず恥ずかしながらも店員に聞くことが良くあります。

さて、英語でお手洗いを何というのでしょうか?なかなか難しいですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

洗面所のついたお手洗い – lavatory

lavatoryはお手洗いを意味する最も一般的な表現です。

洗面所付きのトイレを意味します。お店などにあるトイレはだいたいこれで表現できますね。

Where’s a lavatory?
お手洗いはどこですか?

This lavatory is a bit dirty.
ここのお手洗いはちょっと汚い。

There’s only a lavatory for men in this building.
この建物には男性用トイレしかない。

rest room

rest roomもお手洗いを意味する英語フレーズです。

直訳すると「休憩室」ですね。そこから分かるように丁寧な表現です。

I don’t know where is the restroom.
私はどこにお手洗いがあるのかわかりません。

May I go to a restroom as I feel sick.
気分が悪いのでお手洗いに行っても良いですか?

Let’s go to the restroom together.
一緒にトイレへ行きましょう。

ユニットバス – bathroom

bathroomもお手洗いを示す英語表現です。

bathは「お風呂」を示すようにもともとbathroomはお風呂場を示す表現です。外国だとユニットバスが普通の場所が多いのでお風呂場=お手洗いということになるわけですね。

Can I go to the bathroom?
お手洗いに行っても良いですか?

Your job is to clean the bathroom.
君の仕事はトイレをきれいにすることだ。

Do you know there’s a god in the bathroom?
トイレには神様がいることを知っていますか?

スポンサーリンク
広告
広告