「美味しい」を英語で何と言う? – ネイティブが使う表現!

美味しそうに食べている男の画像

良いものを食べたときに出る言葉といえば「美味しい」ですよね!食の国である日本に住む私たちはこの表現をよく使います。

さて、では英語で美味しいと言うためにはどのように表現すれば良いでしょうか?いろいろな言い方がありそうですよね。

一般的な表現から感嘆語のようなもの、スラングまで例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

おいしいを意味する一般的に使う表現

普通のおいしい – tasty

tastyはおいしいと言いたいときに使える最も直接的な表現です。

tastyはtaste「テイスト」の形容詞系です。tasteは「味」を意味するのでそこからおいしいという意味に発展したんですね。

Is that tasty? It looks terrible to me.
それはおいしいの?とてもそうは見えないけど。

this soup is tasty as fuck.
このスープはやばいほどおいしいよ。

おいしい味がする – taste good

taste goodもとても自然な表現でよく用いられます。

tasteは「・・・の味がする」という意味を表す動詞です。SVCの文型を取ることでも有名ですね。先ほど紹介したtastyはこのtasteの形容詞系です。

ちなみにtaste badとすれば「まずい」と逆の意味を表すこともできます。

honestly speaking, These apples taste good.
正直なところこれらのりんごはおいしいよ。

How the hell vegetables taste good?
野菜がどうやっておいしくなるんだよ。

I’m afraid to say but this tastes bad.
残念だけどこれはまずいよ。

すごくおいしい – delicious

deliciousはすごくおいしいものを表現するときに使えます。

goodよりも一段階上のイメージがありますね。高級感もイメージさせます。

As this costs more than 3000 yen, it should be delicious.
3000円以上もしたんだがら、とてもおいしいはずです。

This cake is the most delicious I’ve had ever.
このケーキは今まで僕が食べた中で一番おいしいです。

I live to eat some delicious food.
おいしいものを食べるために生きています。

おいしいを意味するスラング的な表現

うまい – yum

yumは日本語でいう「うまい」に相当するスラングだと思っていただければOKです。

発音はカタカナで「ヤム」です。

That was really yum.
あれは本当にうまかったよ。

Oh, actually it is yum.
びっくりだね、これはうまい。

うまそう – yum-yum

yum-yumも「うまい」を意味するスラングです。

先ほどのyumを2つ並べた形ですね。

これはただ「うまい」だけでなく「うまそう」という意味を表すこともできます。

Yum-yum!
おいしそうだね!

おいしいの幼児語 – yummy

yummyは「おいしい」の幼児語です。幼児語とは赤ちゃんが使う言葉のことで、日本語でいうと「うまうま」みたいな感じでしょうか。

ただ大人でも冗談、スラング的に用いることはあります。まあ使わないほうが無難ではあると思いますが。

yummy! yummy!
おいしい!おいしい!

delicious「すごくおいしい」の短縮形 – delish

delishは先ほど紹介したdeliciousの短縮形です。

It was pretty delish.
それはとてもおいしかったよ。

How delish is this bread!
なんてうまいパンなんだ。

様々な「おいしい」

辛くておいしい – spicy

spicyは辛くておいしいというニュアンスがあります。

hotは本当に辛いという感じですが、spicyだと辛味の中においしさがあるというイメージですね。

日本でもお菓子などのパッケージに「スパイシー」とかかれることはよくあります。

I love spicy food.
辛い食べ物が好きなんだ。

This curry is so spicy.
このカレーは非常に辛くておいしい。

甘くておいしい – sweet

甘くておいしいと言いたいときにはsweetを使うとよいでしょう。

sweetは基本的にポジティブなイメージがあるので単に甘いだけでなく、おいしいというニュアンスも含まれます。

This melon is sweet.
このメロンは甘くておいしい。

I don’t think vegetables are sweet.
私は野菜は甘くておいしいとは思わない。

やわらかくておいしい – tender

tenderは触感がやわらかくておいしいという意味を持つ英単語です。

This steak is tender enough to eat at once.
このステーキは一気に食べられるぐらいやわらかくて美味しいよ。

Let’s wait until the potato becomes tender.
じゃがいもがやわらかくなるまで待ちましょう。

ふわふわしておいしい – fluffy

触感がふわふわしていると言いたいときにはfluffyがピッタリでしょう。

fluffyはもともと「綿毛の」という意味を持ちます。綿毛ってふわふわしていますよね。

marshmallows are generally fluffy.
マシュマロは基本的にふわふわしておいしい。

This meat is literally fluffy and melt instantly.
この肉は文字通りふわふわしていてすぐ溶ける。

ジューシーでおいしい – juicy

英語でジューシーと言いたいときにはjuicyを使えば良いでしょう。

というより日本語のジューシーがこのjuicyから来ている言葉なので当然と言えば当然です。

This fish is really juicy.
この魚はとてもジューシーでおいしいよ。

食感が良い – have nice texture

食感が良いねと言いたい場合はhave nice textureという表現が使えます。これはあまり聞きなじみがないかもしれませんね。

texture「テキスチャー」というと表面、生地などという意味を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は食感という意味も持ちます。

This gummy has nice texture, isn’t it?
このグミは良い食感だね!

I love a cucumber because it has great texture.
私はきゅうりの食感が良くておいしいので好きです。

噛みごたえがある – chewy

噛み応えのあるようなものを表現したいときにはchewyを使うのが良いでしょう。

chewyはchew「噛む」の形容詞系です。

This steak is a bit too chewy.
このステーキは少し噛み応えがありすぎる。

The cuttlefish has to be chewy.
するめは噛み応えがなくてはならない。

おいしそうなにおいがする – smell good

美味しそうなにおいがしている場合にはsmell goodと言えばよいでしょう。

smellはSVC文型で「・・・のにおいがする」という意味を表します。

I smell good, what are you cooking?
美味しそうなにおいがするね、何を作っているんですか?

I love truffle. It smells great.
私はトリュフが好きです。においが良いんですよ。

おいしいものを食べ終わった後の感想

とても満足させてもらいました – I enjoyed it

食べ終わった後にとても満足したよと言いたいときにはI enjoyed itとシンプルに言うのが良いでしょう。

You must be good at cooking. I enjoyed it.
君は料理が上手に違いない。とても満足させてもらったよ。

Today’s dinner was the steak. I enjoyed that.
今日の夕食はステーキだった。とても良かったよ。

食べ物に使うのではない「おいしい」

おいしいという形容詞は食べ物ではないときにも用いるときがありますよね。そういった用法を英語でなんというのか見ていきましょう。

「おいしい状況」「おいしい話」など「都合の良い」という意味で使われるおいしい – attractive

都合の良いという意味で用いられるおいしいについてはattractiveという形容詞を使うのが良いでしょう。

attractiveは「魅力的な、人をひきつける」という意味を持ちます。

I can’t miss this attractive story.
このおいしい話を見逃すわけにはいかない。

It looks attractive, but actually it is a pie in the sky.
おいしいように見えるが、実際は絵に書いた餅だよ。(※pie in the skyは「絵に描いたもち」ということわざをあらわします。)

まとめ

いかがでしたか?単にgoodというだけではなく、様々な表現があることがわかりましたよね。

外国に行くときなど食事をする機会は少なくないと思うので、是非ボキャブラリー豊富に「おいしい」を表現してみてください。

スポンサーリンク
広告
広告