「それについて」は英語でなんという? – 関連を示す表現

鍵のイメージ

「~について」という表現は日常会話や論文を書くときに良く用いられますよね!

「この件については来週連絡します」
「君について聞かせてよ」
「ご利用について」

では英会話で用いるときはどう訳せばよいのでしょう?

英語の「について」は日本語のように簡単ではなく、様々な表現が考えられます。

「えっ、aboutだけじゃないの?」と思った方は表現の幅を広げるチャンスですので、是非覚えていってください。

スポンサーリンク
広告

about

aboutは最も基本的な表現になります。
aboutという単語のイメージは「~の周りに」なのでそこから派生して「~に関して」となります。
あまり馴染みがないかもしれませんが、文頭でも普通に使えます。覚えておきましょう。

Please read “About this site” first.
「このサイトについて」を先に読んでください。

No doubt about it.
それについては間違いない。

I’m concerned about you.
私はあなたのことを心配しています。

Tell me about yourself.
あなたについて聞かせてよ。

ちなみにbe concerned aboutは「~について心配している」というイディオムです。
be concerned forでも同じ意味になります。

regarding,in regard to

regardingやin regard toといった表現も使うことができます。
この表現は高校英語では頻出です。特に長文問題の穴埋め問題などではよく出てくるので学生の方は確実に覚えてください。

What do you think of this theory regarding deep learning.
このディープラーニングについての理論をどう思う?

in regard to that, I’m not so much interested.
それについては、あまり惹かれないね。

ちなみにwithout regard toで「・・・にかまわずに」というイディオムになるので合わせて覚えておきましょう。

As for

これもあまり聞き覚えのない表現かもしれません。
英語メールの件名などでよく使われる表現ですね。
何気なく使えるとかっこいい表現の1つですね。

As for your request, we decided to pay back.
あなたの要求について、返金を認めます。

まとめ

「・・・について」をあらわす表現

  1. about
  2. regarding,in regard to
  3. as for

ちなみに「ご利用について」はhow to useを使うことが多いです。

スポンサーリンク
広告
広告