日常で使う英会話を上達させる方法!-学校英語ではダメ

日常で英会話が使えない人の画像

日本に来た外国人との会話や留学などで日常的な英会話が必要になる場面ってありますよね。最近では楽天など英語を公用語として普段の日常会話も英語で行う会社も増えてきました。

しかし日常英会話をマスターするのはなかなか難しいです。

「実際に外国人と英語で会話する」ことが一番上達することは言うまでもないですが、中々そんな機会はありませんよね。あったとしても緊張してしまったりしてうまく練習できないこともあるでしょう。

今回はそんな日常英会話を上達させるための勉強法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告

日常英会話を上達させる参考書

まず英会話を学ぶときに中学・高校英語で使うような本を使うのは大きな間違いです。

学校で覚える英語は「受験のための英語」「長文読解のための英語」であり、「日常会話のための英会話」ではないのです。

これは少し考えれば分かることで、大学受験には基本的に英語を話すことを求める試験はありません。受験では主に英語の読み書きで時々リスニング能力が問われる程度です。

ですから高校英語の参考書で英会話の勉強をするのは完全な間違いと言えます。

そこでおすすめしたいのは瞬間英作文シリーズです。

この瞬間英作文シリーズは日本では数少ない「英語を話す」ことを目的とした参考書です。

この本は左ページに和文、右ページに英文が載っていて勉強者は和文から英文へと瞬間的に変換するトレーニングができます。

載っている文は「昨日りんごを3つ買った」というような中学レベルのものばかりですから、挫折することはありません。

そんな中学レベルの英文で日常英会話ができるのか?と思った方もいるでしょう。しかし考えてみてください。

私たちが行う日本語の日常会話も簡単な文法のものがほとんどですよね。

「今日の飯なんだっけ」とか「疲れましたね」といった日常会話に難しい文法は必要ありません。それは英語でも同じことです。

そして実は日本人は中学レベルの英文すらまともに話せないことが多いのです。

例えば「このかばんはあそこのやつより大きいよ」という文を英語にしてみてください。割と時間がかかった人も少なくないでしょう。

これは先ほど述べた日本の英語教育が原因で、学校では英語を「読み書きするもの」と考えているので話す力が身につかないのです。

ですから私たちはまず中学レベルの文なら瞬間的に英語にできるようなスピーキング力をつける必要があります。

そしてこの瞬間英作文シリーズはそのトレーニングに最適なのです。

実際にその簡単な英語を瞬間的に話すというコンセプトが受け、この本はAmazonベストセラー1位になっています。(2017年4月現在)

英会話初心者は間違いなくこれから始めるべきだという王道参考書といえるでしょう。

「英語は3語で伝わります」は最近出た本ですが、英会話に必須といえる技術が書いてあります。

この本は日本人の英語にありがちな「野暮ったい英語」からネイティブの「すっきりした英語」に変換するための方法が理論的に書かれています。

特に私は今まで英会話をするときbe動詞をを使って長ったらしく表現してしまうことが多かったのですが、この本のSVO理論を読んですっきりとまとめられるようになりました。

理論が非常に簡潔なので「学校で習った英文法は複雑で分からない」という方には是非手にとって見てほしいですね。

すぐに日常英会話力を身に着けたい人

来週に海外に行く等の理由で付け焼刃でも良いから日常的な会話ができるようになっておきたいという人もいるでしょう。

日本ではそういう人が多いみたいで、即席英会話テンプレブックみたいなものが沢山あります。

「基本の78パターンで 英会話フレーズ800」はその中でも有名な良書です。

この本は日常会話でよく使うフレーズをパターン化して紹介しています。

どれも基本的なフレーズですがいざ話すときには頭から抜け落ちているものも多いと思います。相手の英語が聞き取れても返答が出てくるまで時間がかかってしまうとあせりますよね。あせると英語の聞き取れなくなってしまうという負のスパイラルに陥ってします。

このようなフレーズ集を頭に叩き込んで暗記をしておくことで、返答に詰まることが一気に少なくなります。買って損はない一冊と言えるでしょう。

「英会話きちんとフレーズ100」はネイティブとの自然な日常会話がマスターできる1冊です。

英会話きちんとフレーズ100は生来英語を話すネイティブ(主にアメリカ人)が良く使う表現を収録しているので、自然な会話力が身につきます。

私たちが学校で習う英語は当然ですが、堅い英語です。それはもちろんネイティブにも通じるのですが、日常的に使うと少しヘンという感じは否めません。

この本はそのような堅い表現をネイティブ的なものに変換して紹介してくれます。

おもしろいのは使われている英単語は中学生レベルの簡単なものがほとんどなのに色々な状況に合う表現ができてしまうということです。

例えば「I’m off」という表現に使われている英単語は中学生レベルですが「出発するよ」という使える表現になるんですね。

イラストが多く、とっつきやすい点もプラスです。

この本が気に入ったなら同著者の「英会話1000本ノック」をステップアップで買ってみましょう。こちらも非常に評判が良いですよ。

オンライン英会話で「ネイティブな日常英会話」を学ぶ

「瞬間英作文」で基礎的な英文が日本語で言えるようになったら次はオンライン英会話に挑戦してみましょう。

本での勉強はどうしても一方通行であるという問題があります。人と人との日常英会話は双方向的なコミュニケーションですから、本だけでは緊張したり、聞き取れなかった時かたまったりといろいろな問題が出てきます。

本で得た知識を実際の外国人との会話で使うことで初めて真の力になるのです。

しかし先ほど言ったように外国人と日常的に話す機会はなかなか作れるものではありません。あったとしてもその外国人の英語が速すぎるとか訛りが強いなどの問題があると勉強になりませんよね。

そこで、いつでもどこでも誰でも外国人と会話する機会を作ることを可能にしたのがオンライン英会話です。

オンライン英会話ではネット上で外国人と話すことができるサービスです。

オンライン英会話の大きな利点は自宅でも気軽に勉強できることです。英会話教室のようにわざわざどこかに行く必要はありません。

また、普通の英会話教室に比べて安いことも大きな魅力ですね。

さて、今オンライン英会話サービスはその需要の高まりからたくさんできて激しい競争を繰り広げています。まさに戦国時代ですね。

その中でも私はDMM英会話をお勧めします。

DMM英会話

DMM英会話はオンライン英会話サービスの中でもサービス評価NO1を得ている最大手のグループです。CMなどで見たことがある人もいるのではないでしょうか。

その人気の理由はいくつかありますが、一番大きいのは価格が安いということでしょう。

1レッスンが150円程度で受けることができるので非常に気軽に勉強することができます。毎日レッスンを受けたとしても5000円程度なので、月に数十万とかかる普通の英会話教室よりもリーズナブルなことは言うまでもありません。

また24時間やっているので自分の気が向いたときにレッスンを受けることが可能です。

最大手だけあってオプションサービスも充実しています。自分に合った英会話の勉強ができますね。

とはいえオンライン英会話は割りと新しいサービスですからイメージがつかめない、本当に効果があるか分からないと思う方も多いのではないでしょうか。

そこでDMM英会話では無料でレッスンが受けられる無料体験を実施しています。

こちらのページにある「無料レッスンはこちら」というボタンをクリックすれば簡単に登録することができます。

そこまで本気ではないという方もオンライン英会話はこれからの英語勉強のスタンダードになってくると思うので、今のうちに体験しておいて損はないと思いますよ。

NHKの英会話番組を見る

NHK教育の英会話番組はなかなか勉強になります。

NHKに高い料金を払ってはいるけど番組は全く見ていないという人も多いと思いますが、高い金をもらっているだけあって割と出来が良い番組も多くあります。

「仕事の基礎英語」はビジネスで使う表現を簡単なドラマ形式で紹介しています。放送1回につき1フレーズのみの紹介なので覚えやすいのも良いですね。

「おとなの基礎英語」も日常的に使うフレーズを紹介する番組です。英語だけでなく外国の事情も分かったりしてなかなか面白いですよ。

現在やっているNHKの番組はこちらになります。

あとこれは昔やっていたのですが、「リトル・チャロ」という英語教育アニメは英語初心者にとてもお勧めです。

この英語アニメはストーリーも良くできていて、楽しみながら英語を学ぶことができます。

日本からアメリカへ置き去りになってしまった犬「チャロ」は日本に戻るために冒険を始めます。冒険の中で様々な出会いと別れを繰り返しながらチャロは成長していきます。子供向けアニメと思って侮っていると泣いてしまうかもしれませんよ。

ちなみに英語のレベルは非常に簡単なので初学者の人にもお勧めです。また、子供の英語教育にも向いているのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。

英語で日常会話をするというのは簡単のように見えて非常に難しいです。しかし学校で習う「読み書き」よりも使う機会は非常に多いので困りものですよね。

幸いそれを対策する色々な良書が出ているので勉強を進めていきましょう。

スポンサーリンク
広告
広告