「蒸し暑い」を英語でなんと言う? – スラングを知ろう

蒸し暑いオフィスの画像

最近は蒸し暑くなってきましたよね。5月でこれでは夏は大変なことになるでしょう。

さて、英語で蒸し暑いことをなんと言うのでしょうか?なかなか難しいですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

humid

humidは英語で蒸し暑いことを意味する一般的な表現です。

humidはもともと「湿気のある」という意味です。

ですから湿気が高いという意味を強調したいときに使うと良いでしょう。

Nowadays it becomes humid in Japan.
最近日本では蒸し暑くなってきている。

It’s humid in this factory. Of course there’s no air conditioners.
この工場は蒸し暑い。当たり前だが空調はないぞ。

I don’t like a humid atmosphere.
私は蒸し暑い空気は好きじゃない。

べたつく – sticky

ねばりっこい蒸し暑さを示したいときにはstickyを使うのが良いでしょう。

stickyはもともと「べたべたする」という意味です。蒸し暑いと湿気でべたべたしますよね。

I will go to Karuizawa to escape from sticky air.
私はこの蒸し暑さから逃げるために軽井沢に行きます。

It’s sticky and my clothes got damp.
今日は蒸し暑く、服が湿ってしまった。

暑苦しい – hot and close

英語で苦しいぐらい蒸し暑いときはhot and closeを使うと良いでしょう。

hotは「暑い」、closeは「近い」をそれぞれ意味します。熱気が近いと苦しいですよね。

It’s hot and close these days.
今日は暑苦しいな。

It’s hot and close in Singapore all year round.
シンガポールでは一年中蒸し暑い。

スラング – muggy

muggyは蒸し暑いことを意味するスラングです。

うっとうしい蒸し暑さを示すネガティブな表現ですね。

Isn’t it muggy today?
今日なんか蒸し暑くない?

What a muggy day!
なんて蒸し暑い日なんだ。

スポンサーリンク
広告
広告