「きれい」を英語で何という? – 場面によって使い分けよう

きれいなオフィスの画像

皆さんは最近「きれいだな」と思ったことはありますか?私は最近「君の名は」の景色をきれいだと思って感動しました。

さて、「きれい」は英語でどういうのでしょうか?案外難しいですよね。人物に使うのと景色に使うのではニュアンスも異なります。

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

美しいという意味のきれい – beautiful

人を感動させるような美しさを「きれい」と言いたい場合にはbeautifulを使うのが良いでしょう。

日本語でも「ビューティフル」と良く言いますよね。

Who is the most beautiful girl in the world?
誰が世界で最もきれいな女性ですか?

I will climb the mountain to see the beautiful scene.
僕はきれいな景色を見るために山に登るよ。

I saw a beautiful flower somewhere.
私はどこかできれいな花を見た。

清潔な – clean

清潔感があるという意味できれいと言いたい場合にはcleanを使うと良いでしょう。

They can only live in clean air.
彼らはきれいな空気の中でないと生きられない。

He put on clean clothes for an interview.
彼は面接のためにピカピカの服を着た。

This is made of clean gold.
これは純金からできている。

整っている – neat

整っているという意味できれいを用いるときはneatを用います。

cleanと比べるとより部屋の配置などより物質的なものについてきれいというときに使うイメージですね。

ちなみに働く意思のない無職をあらわすNEETとは全く関係がありません。

Keep your room neat.
部屋をきれいにしておきなさい。

He knows a neat solution.
彼がうまい解決法を知っているよ。

She is a neat girl.
彼女はきれい好きの女の子だ。

整っている – tidy

neatと同様にtidyも整っているという意味で用いることができます。

She is tidy.
彼女は清楚である。

I’m happy to live in this tidy house.
このきれいな家に住めることをうれしく思います。

容姿がきれいな、かっこいい – handsome

容姿がきれいな男の人のことをhandsomeといいます。

日本語でも「ハンサム」と言ったりしますよね。

He is very handsome.
彼はすごいハンサムだね。

I heard she married a handsome guy.
彼女はきれいな男の人と結婚したと聞きましたよ。

まとめ

きれいを意味する英語表現

  1. 美しい – beautiful
  2. 清潔な – clean
  3. 整った – neat, tidy
  4. ハンサムの – handsome
スポンサーリンク
広告
広告