「気の毒」を英語でなんと言う?

気の毒な人の画像

あなたは最近何かを気の毒に思ったことがありますか?私は仕事をしている人たちを気の毒に思います。

さて、英語で気の毒なことをどう表現すれば良いでしょうか?なかなか難しいですよね。

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

that’s too bad

that’s too badは「それは気の毒だね」と言いたいときに使える自然な表現です。

直訳すると「それはとても悪いね」となります。相手に同情しているイメージが浮かびますよね。

中学生でも習うので知っている人も少なくないのではないでしょうか。

I left my homework! – That’s too bad.
宿題を置いてきてしまった! – お気の毒に

My son doesn’t even know who Tokugawa is. – That’s too bad.
ウチの息子は徳川が誰かすら知らないんだ。 – それは気の毒なことだね。

I don’t have money to buy the car. – That’s too bad.
車を買うお金なんてないよ – かわいそうに。

I feel sorry

I feel sorryも気の毒にと言いたいときに使える表現です。

sorryは謝るときだけではなく、「気の毒な」という意味でも用いることができるんですね。

I feel sorry for them. they won’t be able to live so long.
彼らを気の毒に思いますよ。もう長くは生きられないんですから。

I heard you forget math homework? I feel sorry for you.
数学の宿題忘れたんだって?憐れなやつだな。

I know they feel sorry for me.
俺は奴らが俺を不憫な人だと思っていることを知っている。

スポンサーリンク
広告
広告