「希望の星」を英語でなんという? – 実はそのままでOK

皆さんは何かにとって希望の星になったことがありますか?私は小学校の頃は家系の希望の星と言われていました。今は穀潰しです。

さて、英語で希望の星をなんというのでしょうか?なかなか難しいですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

the star of hope [for]

希望の星は英語でthe star of hopeで充分に伝わります。

the starは「星」、of hopeは「希望の」ですからそのまんまですよね。面白いもので日本語の慣用表現って英語でもそのままってことがよくあります。

「・・・の希望の星」と言いたい場合にはthe star of hope forと「for」を使えばOKです。

He is the star of hope for computer science.
彼は情報工学の希望の星だ。

She is the star of hope for this collapsing vileage.
彼女はこの廃村寸前の村の希望の星だ。

I used to be called the star of hope, now I’m called the garbage of the space.
私は昔希望の星と呼ばれていたが、今は宇宙のゴミと呼ばれている。

スポンサーリンク
広告
広告