「結果」を英語で何と言う? – 英単語を使い分けよう

健康診断結果の画像

皆さんは結果を重視しますか?それとも過程を重視しますか?私は他人に対しては結果を重視しますが、自分のことに関しては過程も見てほしいと思っています。最悪ですね。

さて、英語で結果を何と言うのでしょうか?案外知らないですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

最終的な結果 – result

resultは結果を示す最も一般的な英単語です。日本語でも「リザルト画面」といったりしますよね。

物事や出来事の最終的な結果をあらわすイメージですね。テストや成績など数値的なものが出る結果にも良く使われます。

ちなみにresultは名詞的用法ではなくresult inで「・・・という結果になる」という動詞的用法でも使えます。例文を見ていきましょう。

This project result in failure.
そのプロジェクトは失敗の結果で終わった。

The results of the election is surprising.
その選挙の結果は驚くべきものだった。

The results will arrive within a week.
結果は一週間以内に届きます。

あるものに影響されて起こった結果 – effect

effectも結果を意味する英単語として使えます。

effectはもともと「影響」という意味を持つ英単語です。なのである出来事から影響されて起こった結果をイメージさせますね。

It’s the effect of your bad deed.
それは君の悪い行いの結果だね。

The effect of that war is horrible.
その戦争の影響での結果は悲惨なものだった。

What’s the cause and effect?
原因と結果はなんですか?

悪い結果 – consequence

consequenceも結果を意味する英単語です。

基本的にはあまり良い結果でないときに用いられます。

as a consequence ofで「・・・の結果として」というイディオムになります。高校英語では時々出てくるので覚えておきましょう。

I can’t take the consequences.
結果を受け入れることができない。

As a consequence of his bad behavior, he is scolded.
彼の悪い素行の結果、彼は怒られた。

I don’t mind if it is a serious consequences.
それが深刻な結果であろうとも気にしないよ。

スポンサーリンク
広告
広告