英語ネイティブが使う様々な顔文字一覧を知ろう!海外では顔を横から見る

皆さんはチャットアプリなどで顔文字を使っていますか?最近ではLINEスタンプなどの台頭によりあまり見なくなった印象がありますが、それでも幅広く使われていますよね。

顔文字は日本特有のものではなく海外の人たちも好んで使っています。しかし、海外の人たちが使う顔文字は日本の顔文字とは大きく違います。

今回は海外で良く使われる顔文字について一覧を紹介していきますので、気に入ったものがあったら使っていきましょう。

スポンサーリンク
広告

海外の顔文字は横から見る

日本の顔文字と海外の顔文字の最も大きな違いとして「見る向き」があります。

日本の顔文字は(´・ω・`)のように顔が縦向きですよね。一方で海外の顔文字は 🙂 のように横向きに見ます。これは横から見ると笑って見えます。

この違いからくる面白い例をひとつ紹介します。日本語の「ツ」という顔文字ですが、横から見ると笑っているように見えませんか?このことからWeeb(日本オタク)からは「ツ」を笑いを表す顔文字として使われることもあります。中には「looks like 2 nukes dropping on Japan」と見える外国人の方もいるようですが(笑)

ちなみに日本式の縦向きの顔文字も少なからず海外でも用いられており、それらは英語で「emoji」と言われたりします。

海外で使われる顔文字一覧

スマイル
🙂
:]
=)
=]
😀
XD (煽りにも使われるので注意)
:3
;) (ウインク)

悲しい
🙁
:_(
8-(
:[
🙁
X(
XO

おちゃめ(舌出し)
😛
:p
XP
=P

驚き
:O
:-O
😯

スポンサーリンク
広告
広告