「銃乱射事件」を英語で何という?ネイティブの表現を知ろう

日本では法律で銃を持ってはいけないことが定められています。しかし、アメリカなど一部の国では銃の所持が認められています。

そのせいで、アメリカでは銃乱射事件がしばしば起こります。最近ではラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテルで起こったものが記憶に新しいですよね。

銃所持の規制については侃々諤々に議論が交わされているようです。

さて、英語で「銃乱射事件」をなんと言うのでしょうか?ニュースで良く使われるので覚えておくと便利です。

調べてきたので例文とともに見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

mass[random] shooting

銃乱射事件は英語でmass shootingと言います。

massという英単語は色々な意味がありますが、「かたまり」がコアイメージです。ここでは何のかたまりという意味で用いられているのでしょうか?そう、人ですね。このmassは「人のかたまり・群衆」という意味で使われています。

shootingは「シューティングゲーム」と言うように「撃つ」ことを意味します。

群衆を撃つことは銃乱射と言えるでしょう。

また、random shootingと言うこともできます。randomは「ランダム・無差別に」という意味を持つ英単語です。無差別に撃つこともまた銃乱射事件と言えるでしょう。

個人的な考えですが、random shootingの方がmass shootingよりも猟奇的なイメージが出ます。無差別ってひびきは怖いですよね。

What do you think about the mass shooting happened last week?
先週起きた銃乱射事件についてどう思う?

More than 100 people injured or killed at that random shooting.
その銃乱射事件で100人以上の死者・負傷者が出た。

Let’s discuss how to prevent mass shootings.
銃乱射事件を防止するために必要なことを話し合いましょう。

銃乱射に関するワードを英語に

銃乱射に関して英語で話したいときに知っておくと便利なワードを紹介しておきます。

銃器 firearm
拳銃 gun
ショットガン shotgun
大量殺戮 massacre
生存者 survivor
武装させる arm
銃規制 gun control
精神病 mental illness
負傷者 the injured
死者 the dead

スポンサーリンク
広告
広告