「じゃんけん」を英語でなんという?

ジャンケンをしている画像

「じゃんけんぽん!あいこでしょ!」

じゃんけんと言えば私達が何かを決める時に良く使う手段ですよね。出す手の宣言をするなど駆け引きの要素も楽しめたりします。

さて、英語ではじゃんけんをどう言うのでしょうか。「最初はグー!」は?あいこをどうするのでしょうか。見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

Rock,paper,scissors!

英語でのジャンケンはRock,paper,scissorsと掛け声をするのが基本です。

rockは岩、つまりグーですね。
paperは紙、つまりパーです。
scissorsはハサミ、チョキですね。

あいこの場合は「あいこでしょ」とは言わずに、またRock,paper,scissorsと言ってやり直します。

RockをStoneにしたStone,paper,scissorsという亜種もあるそうです。

また、Rock,paper,scissors go!やRock,paper,scissors shoot!のように後ろにgoやshootを付ける人もいるらしいので気をつけましょう。

他のじゃんけんの掛け声

じゃんけんの掛け声は日本でも「いんじゃんほい」といったように多様性がありますよね。英語でも他の言い方があります。

One two three!
Jan ken po!

One two threeは「いち、に、さん!」となりそのままですね。Jan ken po!は殆ど日本と同じです。これは日本人の多いハワイなどで良く使われるそうです。

どの場合にせよ、「最初はグー」と言うタイプはないそうです。「最初はパー」の禁じ手が英語では使えないということですね。残念です。

外国のじゃんけんの習慣

何かを決めるとき日本ではじゃんけんが主流ですが、アメリカではコイントスが一般的です。

まあ、コイントスの方が見た目かっこいいですもんね。

でも最近では若い世代を中心にじゃんけんが一般的になっているという話もあります。

なんにせよじゃんけんのルールがわからないということは多分ないので、是非外国人をじゃんけんに誘ってみましょう。

まとめ

じゃんけんを表す英語

  1. Rock,paper,scissors!
  2. One,two,three!
  3. Jan ken po!

「あいこでしょ!」はない
「最初はグー」もない

スポンサーリンク
広告
広告