「晴れ」を英語で何という? – ネイティブの表現を知ろう

晴れの画像

最近は晴れの日が多くて気持ちが良いですね。春らしい気候で素晴らしいです。夏になると太陽がうっとうしくなるんですけどね。

さて、英語で晴れをなんと言うのでしょうか?なかなか難しいですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

太陽が照るような快晴 – sunny

sunnyは英語で晴れを意味する最も一般的な英語です。

sun「太陽」の形容詞形ですね。だから太陽がさんさんと照っているような晴れのイメージがあります。

ちなみに「天気は晴れです」のように天気を主語とする場合、英語ではitを主語とします。詳しくは例文を見てください。

It is sunny today.
今日の天気は晴れです。

Who doesn’t like sunny day?
晴れが嫌いな人なんていません。

It’s been sunny since morning.
朝からずっと快晴ですね。

雲ひとつない快晴 – clear

clearも晴れを意味する英語表現です。

clearはもともと「澄み切った」という意味を持つ英単語です。何が澄み切っているかというと空が澄み切っているわけですよね。

だからclearは雲ひとつないような晴れをイメージさせます。

It’s been clear for a week.
この一週間晴れが続いている。

The clear sky made me happy.
雲ひとつない空が私を嬉しくさせてくれる。

まあ一応晴れてる – fine

fineも晴れを意味する英語ですが、快晴という感じではありません。

天気を0から10の10段階評価で計るとclearやsunnyが9とするとfineは5ぐらいです。

雨は降ってないけど雲はそこそこあるような晴れをイメージさせますね。

ちなみにfineは自分の体調を示すときに「I’m fine」と言ったりしますがこれも「まあまあです」という感じで、ネイティブは元気一杯というイメージを持ちません。

It’s fine. We can go out.
晴れたね。外出できるよ。

The weather will be fine after this rain.
この雨の後は晴れるでしょう。

その他の晴れを示す英語表現

晴れを表現する英語は他にもあります。簡単に見ていきましょう。

good weather – 良い天気
beautiful weather – 素晴らしい天気
fair weather – まあまあ良い天気
sunshine day – 太陽が強い日
スポンサーリンク
広告
広告