円グラフ・棒グラフ・折れ線グラフなど色々なグラフをあらわす英語一覧!

右肩上がりの画像

皆さんはグラフを利用することが多いですか?大学生だとやれレポートだスライドだとグラフは引っ張りだこですよね。私はちょっと改ざんして教授に見せたりしていました。今だと大問題かもしれません。

さて、英語で様々な種類のグラフを何と言うのでしょうか?案外知らないですよね。

調べてきたので一覧を見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

グラフ – chart/graph

グラフ自体は英語でもそのままgraphであらわすことができます。

またchartもグラフを意味する英単語です。graphとchartには殆ど違いがありませんが、なんとなくchartを使う人のほうが多い印象を受けます。ただまあ好みの範疇ですね。

Please take a look at the graph 1.
グラフ1を見てください。

You can clearly understand with this chart.
このグラフを見れば一目瞭然ですよ。

Impression differs completely by what kind ofgraph you use.
何のグラフを使うかによって印象はまったく異なる。

いろいろな種類のグラフ一覧

※ここではchartを使いますが全てgraphで代替可能です。

棒グラフ – (vertical) bar chart
折れ線グラフ – line chart
円グラフ – pie chart
面グラフ – area chart
帯グラフ – horizontal bar chart
ヒストグラム – histogram
バブルチャート – bubble chart
レーダーチャート – radar chart
等高線グラフ – contour chart
ドーナツグラフ – doughnut chart
散布図 – scatter diagram

散布図は「図」なのでchartではなくdiagramを使います。

グラフ用語を英語にしよう

グラフと共に良く使う言葉を英語で紹介します。

縦軸 – vertical axis
横軸 – horizontal axis
タイトル – title
ラベル(要素名) – label
実線 – sound line
点線 – dotted line
破線 – broken line
スポンサーリンク
広告
広告