「ですよね」を英語でなんという? – スラングを知ろう!

正論を言われたときはつい「ですよね」と言ってしまいますよね。同意、納得の表現として有用です。

さて、英語で「ですよね」と言うためにはどう表現すればよいでしょうか?なかなか難しいですよね。

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

That’s right

That’s rightは「ですよね」と言いたいときに使える最も一般的な表現です。

ここでのrightは右ではなく正しいという意味を表します。直訳で「それは正しい」となりますね。納得している感じが良く出ています。

You can’t play soccer here. – That’s right.
ここじゃサッカーはできないよ。 – ですよね。

I have no money with no purses. – That’s right.
私は財布もなくて金もない。 – ですよね。

He doesn’t have any friends. – That’s right.
彼は一人の友達もいません。 – そりゃそうだ。

indeed

indeedは「ですよね」を表現するスラング的表現です。

indeedは日本では馴染みの薄い英単語ですが、ネイティブには良く使われます。

「まさかありえないよ」と反語的な意味で用いることもできます。

He must be glad now. – Indeed.
彼は今嬉しくなってるはずだよ。 – ですよね。

Money is the most important thing. – Yes, indeed.
お金は最も重要なことです。 – まったくその通りだ。

I am good at sports. – Indeed?
私はスポーツが得意です。 – 本当にそうですか?

definitely

definitelyも「ですよね」を意味するスラング的表現です。

definitelyは「明確に・確実に」という意味を表す副詞です。そこから「確実にそうである」と意味が発展して「ですよね」という表現になりました。

This is the most beautiful place in Japan. – Definitely.
ここは日本で最も美しい場所です。 – ですよね。

We can’t forgive him, right? – Yes, definitely.
私たちは彼を許すことができませんよね。 – ああ、当たり前だ。

Fish is better than meat. – Most definitely.
魚は肉より良いです。 – そうですよね。

スポンサーリンク
広告
広告