「でぶ」を英語でなんという? – 口語的な表現を知ろう

太った少年の画像

「このままだとデブになっちゃうよ」
「でぶに言われたくないよ」

デブという言葉は太った人を罵倒的または自虐的に言うときに良く使われる言葉ですよね。

アメリカ人は横に広い人たちが多いですよね(偏見)。では英語でデブをどう言うのでしょうか?

いろいろの表現があるので、一般的なものからスラングまで見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

obese

obeseはデブを表現する最も一般的な表現です。

侮辱的な言葉ではないので、オブラートに包んでデブといいたい場合は良いのではないでしょうか。

辞書では病気なほど太っている状態を示すと書いてありますが、口語的にはそこまでじゃないときでも使う印象があるので多分大丈夫です。

I have to prevent being obese.
デブにならないようにしなきゃ。

It seems difficult for a obese person to run as fast as I do.
太った人には俺と同じぐらい早く走るのは難しそうだね。

fat

fatはデブをあらわす最も一般的な侮辱表現です。

私たち日本人が一番最初に思いつくのがこれだと思いますが、悪口的に使うことが多いので、使う場には十分気をつけてください。まあ日本語のデブと一緒ですね。

Do you see the fat man running over there?
あそこで走っているデブが見える?

Why do you hate a fat man?
どうしてデブを嫌うの?

fatso

fatsoもデブといいたいときに使える表現です。

太ったという意味のfatが変化して名詞になったものであり、fatと同様、侮辱的なスラングという位置づけなので使う場合は気をつけてください。

Can you pass through this gate, fatso?
このゲートを通れるのか、デブ?

I don’t stop eating. That’s why I’m a fatso and that’s because I’m a fatso.
食べるのがやめられない。それが自分がデブである理由であり、要因である。

chubby

chubbyもデブを示す英単語として使うことができます。

かわいらしいデブというポジティブなイメージがあります。日本語で言うと「ぽっちゃり」に近いですかね。

I just like a chubby face.
ぽっちゃり顔がすきなんだ。

chubby women became popular in 2015.
2015年ではぽっちゃり系女子が流行った。

まとめ

  1. obese
  2. fat
  3. fatso
  4. chubby
スポンサーリンク
広告
広告