「だいたい」を英語でなんと言う? – ネイティブの表現を知ろう

大部分のことを言いたいときは「だいたい」という表現を良く使いますよね。私の人生もだいたい失敗してばかりです。

さて、英語で「だいたい」と言いたいときどう言えば良いのでしょうか?なかなか難しいですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

more or less

more or lessはだいたいを英語で意味する最も自然な表現です。

ネイティブはこの表現を好んで使うような気がします。

moreは「より多い」、lessは「より少ない」です。「多いか少ないか」ということはだいたいということですよね。

It’s 100 yen, more or less.
それはだいたい100円ぐらいだ。

He more or less fails.
彼はだいたい失敗する。

You are more or less right.
君は大部分で正しい。

9割方 – almost

almostも英語でだいたいを意味する表現です。

だいたいという中でも9割方そうであるような感じですね。

Almost all …で「だいたい全ての・・・」という語法になるので合わせて覚えておきましょう。

It’s almost ready.
だいたい準備はできています。

Almost all the people laughed at me.
だいたい全ての人が私を笑った。

I almost got caught.
ほとんど捕まるところだった。

数値に対して使う – approximately

approximatelyもだいたいを意味する表現です。

何らかの数値に対してだいたいと使いたい場合に使える表現です。

This ball is approximately 100 gram.
このボールはだいたい100グラムです。

We have approximately 100 yard piece of land.
私たちはおよそ100ヤードの土地を持っています。

Let’s meet here in approximately one hour later.
一時間後にここで会いましょう。

スポンサーリンク
広告
広告