「懲役」を英語で何という? – ネイティブの表現を知ろう

堅いニュースを見ていて良く聞くのが「懲役」ですよね。ただ私には刑務所でどんな仕事をするのか分かりません。組み立て作業とかでしょうか。

さて、英語で懲役を何というのでしょうか?結構難しいですよね。

調べてきたので例文と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

penal servitude

penal servitudeは懲役を表す最も一般的な表現です。

penalは「ペナルティ」の元となった形容詞で「刑罰の」という意味を持ちます。

そしてservitudeは「強制労働」という意味です。おそらくservice「奉仕・サービス」と同じ語源から来た言葉ですね。

ちなみに懲役の判決を受けるといいたいときには「be sentenced to … years penal servitude」という定型表現があります。

I was sentenced to four years penal servitude.
私は4年の懲役判決を受けた。

We did light works on penal servitude.
私たちは懲役で軽作業を行った。

How many years’ penal servitude will he get for his crime?
彼はその罪で何年の懲役を受けるでしょうか?

禁錮 – imprisonment

imprisonmentは禁錮を意味する英単語です。

懲役と禁錮は労働をするという点で意味が違いますが聞く側の私たちはあまり気にしませんよね。

そういう意味でimprisonmentも使うことができるでしょう。

ちなみにimprisonは「収監する」という意味の動詞です。in「中に」+prison「牢獄」でイメージがつかめますよね。

If you commit a fraud, you will be sentenced imprisonment of up to 6 months.
もし詐欺を働いた場合、あなたは6ヶ月以下の懲役刑に科せられる。

Are you for or against the perpetual imprisonment?
君は終身刑に賛成ですか?反対ですか?

Have you ever got imprisonment before?
君は以前に禁固刑を受けたことがありますか?

スポンサーリンク
広告
広告