「 何という 」一覧

「誤解がある」を英語でなんと言う? – 思い違いの表現

「誤解がある」を英語でなんと言う? – 思い違いの表現

「どうも誤解が生じているようだ」 「誤解があるといけないので、早めに伝えます」 「誤解」という言葉は案外ビジネスや日常生活で...

記事を読む

「おいおい」を英語で何という? – あきれを表現しよう

「おいおい」を英語で何という? – あきれを表現しよう

「おいおい、そりゃないだろう」 「おいおい勘弁してくれよ」 「おいおい」って日常会話で良く使いますよね。あきれた気持ちを表現...

記事を読む

「運が良かっただけ」を英語で何という? – 謙遜の表現

「運が良かっただけ」を英語で何という? – 謙遜の表現

「いやいや、運が良かっただけだよ」という表現は褒められたときに謙遜する表現として時々使うと思います。 「まぐれだよ」「ビギナーズラ...

記事を読む

「そんなことないよ」を英語でなんと言う? – 謙遜の表現

「そんなことないよ」を英語でなんと言う? – 謙遜の表現

私たち日本人は謙遜が大好きですから「そんなことないよ」という表現は良く使います。 では英語でも同じような表現はあるのでしょうか...

記事を読む

「今までありがとう」を英語でなんという? – 別れのときに使える表現

「今までありがとう」を英語でなんという? – 別れのときに使える表現

「今までありがとうございました」はビジネスの場での別れの時に良く使う表現ですよね。 これを英語ではどう表現するのでしょうか?「...

記事を読む

「強いて言うなら」を英語でなんと言う? – 言葉を濁す表現

「強いて言うなら」を英語でなんと言う? – 言葉を濁す表現

「赤と青、どっちが好き?」 「強いて言うなら、青かな。」 「強いてあげるならば」など必ずしもそうではないという気持ちを示...

記事を読む

「それについて」は英語でなんという? – 関連を示す表現

「それについて」は英語でなんという? – 関連を示す表現

「~について」という表現は日常会話や論文を書くときに良く用いられますよね! 「この件については来週連絡します」 「君について...

記事を読む

「もしかしたら」は英語で何という?

「もしかしたら」は英語で何という?

もしかしたらカードは使えませんが、「もしかしたら」という推定の表現は非常に使えます。 下手に断定すると後々しっぺ返しを食らうことが...

記事を読む

「そうですか」を英語でなんという? – 相槌で使おう

「そうですか」を英語でなんという? – 相槌で使おう

日常会話でよく使う相槌の1つである「そうですか」 便利ですよね、この言葉。 特に興味がない会話でもとりあえずこれだけ言っておけば...

記事を読む

「では」は英語でなんと言う – 日常で使える英会話

「では」は英語でなんと言う – 日常で使える英会話

英作文で最もつまる部分はなんでしょう。それは「では」のような日本語の微妙なニュアンスを持つ語だと考えます。 「ここではきものを...

記事を読む

スポンサーリンク
広告
広告