「ぼっち」を英語で何という?

ぼっちの画像

近年日本ではいわゆる「ぼっち」が急増していますよね。かく言う私もその1人ですが。
ぼっちとは友達が1人もいない人のことを指します。悲しいことですね。

さて、外国にもぼっちに代わる表現はあるのでしょうか?外国人は友達多いイメージなのでなさそうな気もしますよね。

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

alone

aloneはぼっちを示す最も一般的な表現です。

aloneは集団から1つだけ離れた物を示すときに使われる英単語です。ぼっちにピッタリですよね。

ちなみにleave aloneで「放っておく」というイディオムになるので合わせて覚えておきましょう。

They can’t stand being alone.
彼らはぼっちでいることに耐えられない。

I like eating alone unexpectedly.
意外にぼっち飯は好きだよ。

I am alone. I’ve been, I’ll be.
僕は孤独だ。昔から、これからも。

solitude

solitudeもぼっちを示すことができる英単語です。

solitudeはaloneよりはぼっちであるという悲壮感は感じさせなく、ただ1人であるという事実を示すだけというイメージですね。
ぼっちを楽しんでいる「ぼっち充」を示すにはこっちのほうが良いかもしれません。

He’s been lived in solitude for 5 years.
彼はぼっちで5年生きてきた。

A man being in a solitude but having a fun in life called “botti-ju”.
ぼっちだけど楽しく生きている人は”ぼっち充”と呼ばれている。

I can even enjoy solitude.
私は孤独すら楽しむことができる。

スポンサーリンク
広告
広告