「ブラック企業」を英語でなんという?

会社の画像

今日本にはびこる邪悪、それはブラック企業ですよね。

休日出勤、サービス残業、上司からのパワハラと聞いただけでも吐き気がします。

さて、では英語にも「ブラック企業」という邪悪を表す言葉はあるのでしょうか。流石に「black company」では通じなさそうですよね。では見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

sweatshop

英語で最もブラック企業に近い表現はsweatshopでしょう。

sweatは「汗」、shopは「店」を表す英単語ですよね。つまり従業員の汗によって形成されている店というイメージが湧いて、ブラック企業、労働搾取企業という意味になるわけです。

更に言えばsweatの語源は「生き血」なので、社員の生き血を啜って生きている会社と考えることもできますね。そっちの方が現状を示していて良いかもしれません。

All you have to do is to avoid getting into a sweatshop.
あなたが考えるべきなのはブラック企業に入らないようにすることだけだ。

ブラック企業に関する言葉の英語表現

サービス残業: unpaid overtime
休日出勤: holiday work
パワハラ: power harassment
○○連勤: ○○ consecutive working days
精神病患者: a mental patient

どれもできれば一生使いたくないですね。

スポンサーリンク
広告
広告