西順之助

何という

「誤解がある」を英語でなんと言う? – 思い違いの表現

「どうも誤解が生じているようだ」 「誤解があるといけないので、早めに伝えます」 「誤解」という言葉は案外ビジネスや日常生活で多く使いますよね。人は勘違いをして生きていますから。 では英語では何というのでしょう?結構難し...
何という

「おいおい」を英語で何という? – あきれを表現しよう

「おいおい、そりゃないだろう」 「おいおい勘弁してくれよ」 「おいおい」って日常会話で良く使いますよね。あきれた気持ちを表現するにはぴったりですからね。 では英会話でも使えるように、英語でそれをどう言うのかを見ていきま...
何という

「運が良かっただけ」を英語で何という? – 謙遜の表現

「いやいや、運が良かっただけだよ」という表現は褒められたときに謙遜する表現として時々使うと思います。 「まぐれだよ」「ビギナーズラック」と同様な意味で使われますよね。 英語ではこれに相当する表現はあるのでしょうか?まあ、この...
何という

「そんなことないよ」を英語でなんと言う? – 謙遜の表現

私たち日本人は謙遜が大好きですから「そんなことないよ」という表現は良く使います。 では英語でも同じような表現はあるのでしょうか?アメリカ人たちが謙虚さを持つことがあるのか疑問です。 ということで今回は「そんなことないよ」...
何という

「今までありがとう」を英語でなんという? – 別れのときに使える表現

「今までありがとうございました」はビジネスの場での別れの時に良く使う表現ですよね。 これを英語ではどう表現するのでしょうか?「Thank you」までは分かるのですが、「今まで」をどう言ったら良いか難しいですね。 という...
何という

「強いて言うなら」を英語でなんと言う? – 言葉を濁す表現

「強いてあげるならば」など必ずしもそうではないという気持ちを示す微妙な表現を私たち日本人はよく使いますよね。 ただ英会話になるとどう言って良いか分からなくなって、「I like blue.」と言い切り表現しかできなくなってしまう人も多いのでは?ということで、「どちらかというと」の英語での表現を見ていきましょう。
TOEIC

TOEIC730点から950点にスコアを上げた時に使った参考書【2016年】

TOEICで730点を取得するのは資格としての評価や英語能力に関する1つの目安ですよね。しかし逆に言えば730点レベルのスコアはありふれてます。730点の壁を乗り越えた実力のある方は900以上の更なる高みを目指しましょう。今回は私が1ヶ月間の猛勉強で745点から950点まで点数を向上させた時に使った参考書、問題集を紹介
何という

「それについて」は英語でなんという? – 関連を示す表現

「~について」という表現は日常会話や論文を書くときに良く用いられますよね! 「この件については来週連絡します」 「君について聞かせてよ」 「ご利用について」 では英会話で用いるときはどう訳せばよいのでしょう? ...
何という

「もしかしたら」は英語で何という?

もしかしたらカードは使えませんが、「もしかしたら」という推定の表現は非常に使えます。 下手に断定すると後々しっぺ返しを食らうことがありますから、予防線を貼っておくのは大事ですね。 ということで今回はもしかしたらを英語でどう言...
何という

「そうですか」を英語でなんという? – 相槌で使おう

日常会話でよく使う相槌の1つである「そうですか」 便利ですよね、この言葉。 特に興味がない会話でもとりあえずこれだけ言っておけば角が立ちません。 しかしこの「そうですか」を英語で何というか知っている人は少ないのではないでし...
スポンサーリンク