「雨降って地固まる」を英語で何という? – ことわざを覚えよう

雨の後虹がかかっている画像

「雨降って地かたまる」は悪いことが起こっても後々それが良いことに繋がるよということわざですよね。私の場合は雨ばっかり降って地盤沈下してしまっています。

さて、英語で「雨降って地かたまる」をどう表現するのでしょうか?実は割りとそのままだったりします。

見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

after rain comes fair weather

after rain comes fair weatherは雨降って地固まるを最も自然に表現するフレーズでしょう。

直訳すると「雨のあとには晴天が来る」となります。そのままですよね。「いつしか雨は止み、そこから虹がかかるんだよなぁ」という日本のスラングもありますから、こういうイメージは全国共通なのかもしれません。

Don’t worry. After rain comes fair weather.
心配するな、雨降って地かたまるだよ。

They became friends through the fight. That’s so-called “after rain comes fair weather”.
彼らは喧嘩の後で友達になったようだよ。まさに「雨降って地かたまる」だよね。

After rain comes fair weather, but it seems rainy season now.
雨のあとは晴天が来るとはいうけれども、じゃあ今は梅雨みたいだね。

after a storm comes a calm

after a storm comes a calmも雨降って地固まるを意味する表現です。

直訳すると「嵐の後は凪がくる」となります。ちょっとかっこいいですよね。日本語でいう「嵐の前の静けさ」とは違うので気をつけましょう。

Hang in there. After a storm comes a calm.
ふんばれ。雨降って地固まるだぞ。

I don’t think after a storm comes a calm.
嵐の後には凪が来るなんて考えられないね。

adversity strengthens the foundations

adversity strengthens the foundationsも雨降って地かたまるを意味するフレーズです。

直訳すると「逆境は地盤を強くする」となります。地固まるの部分はそのままです。

They became more stronger. Adversity strengthens the foundations.
彼らはより強くなったようだ。雨降って地かたまるだな。
スポンサーリンク
広告
広告