「420」の意外な意味とは?英語スラングを知ろう!

大麻の葉っぱ

皆さんはTwitchやRedditなどの海外サイトで「420」という言葉を良く見かけませんか?この数字は何を示しているのでしょうか?実は数字とは全く関係のない、意外な意味を持つスラングです。

さて、英語で「420」はどんな意味を持つのでしょうか?

調べてきたので見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

「420」の意味 – 大麻

420は英語で大麻を意味するスラングです。

大麻そのものだけでなく、大麻でハイになっている状態や大麻を吸う日を示す場合もあります。

なぜ420が大麻を意味するようになったのかは残念ながら分かりません。

英語圏ではいろいろな学説が交わされているようですが、ここではWikipediaに載っていたひとつの説を紹介します。

1970年代初め、カリフォルニア州サンラフェル(San Rafael) のサン・ラフェル高校の生徒の集団が、毎日放課後の午後4時20分、大麻を吸う目的でルイ・パスツールの銅像の前で会っていた。この時間に由来しているという説がもっとも広く受け入れられている

他にもアメリカでは大麻薬事犯を「420」というコードネームで呼ぶからだとか大麻の生えていた道路がHighway420だったからだとかいろいろな説があります。

ちなみに発音ですが、「フォートゥエニー」です。ハンドレッド(100)は入りませんから注意しましょう。

ちなみに大麻は一般的に英語で言うとweedです。(ウィードと読みます)

weedと420は対応関係にあるわけですね。

It’s 4-20 right now. Time to get stoned!
大麻を吸う時間だ。ハイになろうぜ!420? Man, I have nothing to do with the weed.
420?おいおい、大麻と俺は関係ないぜ。

スポンサーリンク
広告
広告